全国旅行支援の利用条件の変更(ワクチン・検査の廃止)等について

2023/05/01

新型コロナウイルス感染症が2023年5月8日から5類感染症に位置づけられることが決定されたこと等を受け、全国旅行支援について、同日以降の旅行における利用条件を変更し、ワクチン接種歴又は陰性の検査結果の確認は不要となることが観光庁より発表されました。

  • 5月8日以降の旅行において、当日のワクチン接種歴又は陰性の検査結果の確認は行いません。
  • ご旅行当日の本人確認・居住地確認は継続されます。5/8以降も身分証明書をご持参ください。
  • 427日までに全国旅行支援の対象外として予約されている旅行は、58日以降の旅行であっても補助の対象とはなりません。「全国旅行支援」の適用をご希望の場合は、ご予約を取消の上、改めて予約を頂くこととなります。(但し、予算上限に達している自治体においては、補助の対象とはなりません。)